2009年10月09日

なぜコラーゲンを摂るとにきびができる?

コラーゲンを飲むとにきびが出来始めてしまう人がいるのは、

過剰摂取しているからです。

つまり摂りすぎなんです。

最近はスキンケア製品だけでなく、

化粧品、サプリメント、ドリンク、食品などにも

コラーゲンが含まれている商品が数多くあります。

それだけ効果があり、人気があるということなのですが

コラーゲンの摂りすぎには注意してください。

いくら肌にいいと言われていても摂りすぎると逆効果です。

一般的には1日5gくらいまでがいいと言われています。

それ以上摂ると、体の中で消化しきれなくなり、

にきびとなって出てきてしまうのかもしれません。
posted by コラーゲン at 10:23| Comment(0) | コラーゲンとにきび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。