2009年10月09日

なぜコラーゲンを摂るとにきびができる?

コラーゲンを飲むとにきびが出来始めてしまう人がいるのは、

過剰摂取しているからです。

つまり摂りすぎなんです。

最近はスキンケア製品だけでなく、

化粧品、サプリメント、ドリンク、食品などにも

コラーゲンが含まれている商品が数多くあります。

それだけ効果があり、人気があるということなのですが

コラーゲンの摂りすぎには注意してください。

いくら肌にいいと言われていても摂りすぎると逆効果です。

一般的には1日5gくらいまでがいいと言われています。

それ以上摂ると、体の中で消化しきれなくなり、

にきびとなって出てきてしまうのかもしれません。
posted by コラーゲン at 10:23| Comment(0) | コラーゲンとにきび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラーゲンでにきびは治る?

コラーゲンでにきびは治るんでしょうか? もちろん治ります

そもそも、にきびは毛穴に皮脂や角質がつまって、

そこにアクネ菌という菌が繁殖してしまい発生するものです。

皮脂や角質がつまってしまう大きな原因が肌の衰えによって

新陳代謝機能が弱まってしまうことです。

ですので、「コラーゲンとは?効果は?」の項で記したように、

コラーゲンで新陳代謝を良くして、

お肌の健康を改善することはにきび予防、にきび改善にも大きな効果があります。

にきびを早く治すための秘訣は肌の新陳代謝を高め、

肌を正常な状態に戻すことが一番です。

また、にきび跡にもコラーゲンは有効です。

デコボコしたにきび跡は肌の再生能力がなくなっていることが原因です。

その箇所の新陳代謝をうながし、

再生させるためにもコラーゲンの働きは重要になってきます。
posted by コラーゲン at 10:22| Comment(0) | コラーゲンとにきび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラーゲンとニキビの不思議な関係

今やコラーゲンは、その効果が認められて、色々な商品や化粧品、

サプリメント、ドリンクなどに用いられています。

一般的にお肌の弾力を取り戻し、しわやたるみを解消し、

つやのある肌にする美肌効果があるとされています。

しかしこの美肌効果があるコラーゲンを飲んでにきびが出来てしまう人がいるんです。

もともとニキビができやすい人などに多いのですが、

コラーゲンを飲んで、2,3日すると美肌効果どころか、

にきびがぽつぽつ出始めてしまうんです。

大体の方が飲む量を減らすとそれ以上は増えず、治っていくようです。

なぜこういったことがおきるんでしょうか?
posted by コラーゲン at 10:14| Comment(0) | コラーゲンとにきび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。