2009年10月09日

コラーゲンとは?効果は?

コラーゲンはたんぱく質の一種です。

コラーゲンを摂ると体の中でアミノ酸に分解され、

必要に応じていろいろなタンパク質に造り変えられます。

そのため、新陳代謝が良くなり、細胞へ栄養や酸素を運んだり、

老廃物を運び出す働きが強まります。

コラーゲンは体の中で体全体や臓器などの形を

作ったり、支えたり、結合したりする働きも持ちます。

美容において効果があることは言われていますが、

何より体をつくる上でとても重要な働きをしてくれています。

骨と骨をつなぐ関節は軟骨で覆われているのですが、

この軟骨の50%はコラーゲンです。

コラーゲンの補給で、軟骨も元気になり、

関節も強くなって肩こりや腰痛などにも効果があります。

もちろん美肌にも効きます。皮膚の真皮の約90%はコラーゲンと言われています。

どうしても加齢とともに肌の弾力が失われてしまうのは、

このコラーゲンの量が減っていってしまうからです。

そのため、コラーゲンを補うことでお肌に弾力がもどり

つやのある肌を保てるというわけなのです。
posted by コラーゲン at 10:18| Comment(0) | コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。